シャンシャンの独り立ち訓練ステップ1が始まりました!シャンシャンの様子は?シンシンママの後を追いかけて離れません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月16日午後、シンシンから離れないシャンシャン

2018年11月13日から、上野動物園のジャイアントパンダ、シャンシャンの独り立ち訓練が始まりました。

上野動物園の公式発表によると、13日からステップ1が始まり、まずは午前中のみ別居、午後と夜間は同居となります。

その後、ステップ2では日中の別居と夜間の同居、ステップ3では日中の同居と夜間の別居となり、最後のステップ4で完全別居、完全独り立ちとなります。

ステップ3までは11月中、ステップ4の完全独り立ちは12月中を目指すとのことです。約1ヶ月かけての独り立ちプログラムになります。

ステップ1が開始して6日ほど経ちましたが、この6日間、シャンシャンにとっては生まれて初めての大きな試練となりました。

今回は、ステップ1のシャンシャンの様子について、書いてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

いつもの元気なシャンシャンはどこに?シンシンママを探して不安げにウロウロするシャンシャン

11月13日、独り立ち訓練ステップ1初日のシャンシャン。お庭に出たシャンシャンは、いつもと違う様子にすぐに気がついていました。

いつもいるはずのシンシンがいません。シャンシャンは、不安げにウロウロと扉の前を行ったり来たり、塀伝いに歩いたり、格子戸をよじ登ったり、シンシンを探して歩き回っていました。

いつもの元気なシャンシャンとは別人(パンダ)で、こんなに不安げなシャンシャンは初めて見ました。

それはそうでしょう、基本的には生まれてからずっとシンシンママと一緒に過ごしてきたのですから、急にシンシンが見えなくなったら不安になるのは当たり前です。

シャンシャンは明らかに動揺していましたが、ウロウロするのも疲れたのか、扉の近くに座って笹を食べ始めました。

でも、気もそぞろなのか、少し食べてはウロウロ、という状態を繰り返していました。

いつもシンシンが座って笹を食べている石の上に、シャンシャンが同じように座って笹を食べ始めた時は、シャンシャンの心の中が見えるようでした😭

シャンシャンは明らかに表情がこわばっていて、心細い様子で、全身から不安なオーラを出していました。

いつものお転婆で強気でアクロバティックなシャンシャンとはまるで違いました。

ヤグラの下に、消防ホースでできた新しいおもちゃが設置されたのに、それどころではないのか、食い付きもよくありません。

シャンシャンは大きくなったといっても、一人で居ると、とても小さな子パンダに見えます。

まだ子パンダなのに、独り立ちしなければならないのは、人間の視点ですが、可哀想に見えてしまいます。

シャンシャンは歩き疲れたのか、いつものヤグラの上で寝始めました。でも、その表情は硬く強ばっていて、いつものリラックスした寝姿とは違います。

顔の向きも、扉の方を向いていて、いつでもシンシンママが来たら分かるような体勢で寝ていました。

初めて一人で過ごしたシャンシャン、この数時間はシャンシャンにとって、とても長い半日となりました。

シンシンがやって来た午後はいつもの元気なシャンシャンに!シンシンの後をずっとついて歩き回り、離れません!

疲れて寝てしまったシャンシャンですが、午後1時半頃になって、やっとシンシンママがやって来ました。

シャンシャンがそれに気づいて起きると、いつもの二人で過ごす午後がやって来ました。

シャンシャンの表情は明らかにリラックスして柔らかくなり、いつもの元気なシャンシャンが戻って来ました。

いつもと違うのは、シャンシャンがシンシンママにくっついて離れようとしないことです。

シャンシャンは、シンシンママが歩くとその後をずっとついて歩きます。シンシンとシャンシャンは庭の中をぐるぐると回遊していました。

シャンシャンは、シンシンママを見逃すまい、もう離さない〜とでもいうかの如く、シンシンの後をぴったりついて歩いていました。

シャンシャンの嬉しそうな様子が見る側にも伝わって来ます。シャンシャンの心の中が見えるようです😌

シャンシャンは、夕方にお部屋に戻った後も、シンシンにぴったりくっついて笹や竹を食べていました。

独り立ち訓練の初日は、シャンシャンにとって長い一日となりました。

訓練2日目以降の様子は?シンシンは午後になると来ると学習した模様!午後は相変わらずシンシンの後をついて歩き回っています!

2018年11月16日午後、シンシンの動きを見逃さないシャンシャン

訓練2日目の午前も、シャンシャンは不安な様子でシンシンを探し回っていました。

しかし、訓練3日目以降になると、午後になるとシンシンがやって来ることを学習したのか、前ほどは探し回らなくなってきた感じがしました。

それでも、ひとりぼっちのシャンシャンが元気に過ごせるようになった訳ではありません。

シャンシャンは、午前中はまず朝ごはんを食べて、その後は昼寝をして、シンシンが来るのを待つことにしたようです。シャンシャン、賢いですね😅

シンシンがやって来るのを待ちわびているシャンシャンですが、シンシンママはいつも遅刻してきます(笑)。午後1時半を過ぎないと、お庭にやって来ません。

シンシンがいることに気がつくと、シャンシャンは安心して、しばらく笹を食べたり庭を歩き回ったりして、リラックスして過ごします。

シンシンの食事がひと段落してシンシンが庭の中を歩き始めると、シャンシャンがぴったり後についてシンシンを追いかけて歩き始めます。

シャンシャンはもちろんシンシンに甘えたり遊んでもらいたいのですが、シンシンはあんまり関心なさそうな様子です。

健気にシンシンの後を追いかけるシャンシャンの様子は、見ている者の心を揺さぶります😭

シャンシャンは、あまりにシンシンを追いかけて歩き回って疲れてしまったのか、夕方のお部屋では、食事もそこそこにしてヤグラで寝てしまう様子も見られました。

親離れでは、子供の方が執着すると言われるので、シャンシャンにとってはとても辛い毎日だと思います。

独り立ちでは、親の方から離れていくと言われているので、シャンシャンの親離れというよりは、シンシンの子離れの方が実態に近いのかもしれません。

シンシンは、まだシャンシャンに少しは構ってあげていますが、シャンシャンがじゃれついても、食事の方に忙しいようです(これは前からそうですが)。

ところでシンシンは、最近さらに劇太りしてしまった感がありますが、ダイエットできるのでしょうか・・(^^;;

来週からステップ2へ? 辛い毎日が続くシャンシャンを応援します! 頑張れシャンシャン!

この1週間は、シャンシャンにとって長くて辛い毎日でした。

でも、シャンシャンは適応能力が高いようで、日に日に自分の置かれた環境に慣れて来ているようにも思います。

まだまだシンシンが大好きで甘えん坊のシャンシャンですが、少しずつ一人に慣れていくのではないかと思います。

シャンシャンに無理のないように、ゆっくり独り立ちを進めてほしいですね。

これまでシャンシャンの性格は、お転婆で物怖じしない、気の強い女の子だと思っていました。

でも、今回の独り立ち訓練では、シャンシャンの繊細で感受性の強い部分がよく見えて来た気がします。

リーリーのような繊細さをシャンシャンも明らかに持っているように感じます。

シャンシャンは、外見も性格も、本当にシンシンとリーリーの両方に似ているようですね。

この1週間、ライブカメラや動画、実際の観覧を通じてシャンシャンを見て来ましたが、シャンシャンの行動の一つ一つに、シャンシャンの心の中が見えるようでした。

シャンシャンはいつも全身で感情を表現するので、見ている側も嬉しくなったり、悲しくなることもあります。

そんなシャンシャンのこれからの独り立ちステップを、応援しながら見守りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)