東京・渋谷「魚力」:美味しい魚の和定食が食べたければ鮮魚屋直営のここに決まり!名物のさば味噌煮定食など、美味しい魚料理でお腹いっぱいに!

東京・渋谷区の松濤付近にある、有名な魚料理の和定食屋さん、「魚力」のランチに行ってきました。

ここは、さばの味噌煮が看板メニューということですが、他にも美味しい魚料理がたくさんあり、手作りの家庭料理がお腹いっぱい食べられます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

「魚力」とはどんな定食屋さん?

「魚力」は、渋谷区の松濤付近(住所は神山町)にあり、渋谷駅からだと東急本店まで行き、そのまま曲がらずにまっすぐ直進して7〜8分ほど歩いた左側にあります(白洋舎の向かい側)。

渋谷駅から歩いて15〜20分位でしょうか?渋谷の喧騒を離れて、落ち着いた高級住宅地にある、庶民的な魚屋さんです。

こちらは1階が魚屋さんになっていて、2階が定食屋さんになっています。

魚屋さんに入ると、定食のメニューが書かれた発泡スチロールの札が壁にかかっています。

定食の値段はどれも大体1,000円ちょいです。

ここで注文するメニューの札を取り、横の階段を上った先が定食屋さんになっています。

食堂はあまり広さはないので、昼は大抵が相席になるようです。

今回は、ランチの時間帯に訪問しました。

お店は明治創業で現在4代目という老舗の魚屋さんです。

家族経営ということもあり、とても親しみやすいお店です。

ホームページも、有名店だからというのもあるのでしょうか、家族経営のお店としては見やすく立派なホームページがあり、お店の雰囲気と特徴がよく出ていると思います。

ちなみに、東急東横店に入っているお魚屋さん、株式会社「魚力」とは全く関係ないそうです!

「魚力ルール」とは?お代わりしたご飯は残してはいけない!

この定食屋さんには、「魚力ルール」なるものがあります。

ホームページにも書いてあり、お店にも紙が貼ってあるのですが、ご飯とお味噌汁はおかわり自由!でも、お代わりしたご飯を一口でも残したら500円の罰金(又は注意)です!というもの。

これは、農家の方が一生懸命作ってくれたお米を残すのは申し訳ない、ということから作られたルールだそうです。

でも、お店の雰囲気からして、悪質な場合でない限り、本当に罰金を取るということはあまりない気はします(多分、ですが)。

その代わり、お店の方から注意?というか、教え諭されることはあると思いますが(特に若者?)。

ただ、「お米は作ってくれた農家の方に感謝して食べるもの、残してはいけないもの」というのは、少し前までは日本のどこの家庭でも当然のように言われていたことでした。

最近は、あまり聞くことはなくなってしまいましたが(むしろ炭水化物は太るからダメとか・・)。

なので、こういうルール?はむしろ当然のことといえばそうなのですよね。

最近の「お客様は神様」みたいな風潮でお客のすることには何も言ってはいけない、というのが変なだけ、とも言えます。

「魚力ルール」は嬉しいルールも!当たりが出ればおかずを1品プレゼント!

「魚力ルール」には、嬉しいルールもあります。

メニューが書かれた札を持って2階の食堂に上がるシステムですが、札の裏には数字が書いてあります。

この数字が、その日の当たり番号(複数ある)と同じだと、好きなおかず(冷奴、おひたし、納豆など)が1品もらえる、というもの。

ただし、外れた人も、別のおかずがもらえるので(いつもかは分かりませんが、筆者が行った時はシラスと大根おろし)、いずれにしても、何かはもらえるのですがね・・。

これは、メニューを頼む時も、ただ札を渡して終わり、というのではなく、当たりだの外れだの、お店の人と和やかなやり取りが生まれるので、なかなかいいシステムだと思いました。

看板メニューのさば味噌煮は、ホッとする優しい家庭の味!

お店の看板メニューである、さば味噌煮定食はこちらです!

鯖は、頭の方か、尻尾の方かを選べます(写真は尾っぽの方)。

味は、ホッとする優しい家庭の味!で、味付けは少し甘め、身がぎっしり詰まっており、結構ボリュームがありました。骨まで全部食べられます。

圧力釜を使わず、12時間ひたすら煮込むことで、骨まで柔らかくなるのだそうです。かなり手間暇がかかった家庭の味です。

鯖だけでもかなりボリュームがあるのですが、お味噌汁もホッとする味で、写真に写っていませんが、ひじきの煮物がテーブルに置いてあるので、自由に取って食べられます。

鯖だけでなく、他のおかずも色々食べられるので、お腹いっぱいになりました。家庭の手作りの美味しい魚料理とおかずをお腹いっぱい食べた、という感じになります。

ちなみに、ご飯はそれほどの量ではないので、1杯であれば普通に食べきれる量だと思います。

最近は炭水化物を減らす人が増えているので、ご飯も少なめによそっているのかも、しれません(残さないように・・?)。

刺身も絶品!さすが魚屋さんのお刺身です!

「魚力」は魚屋さんなので、お刺身も食べられます。

お刺身定食もあり、こちらはお刺身がとても美味しかったです!さすが、魚はこだわりを持って仕入れている、というだけのことはあります。

何というか、ここのお刺身ならいつ行っても信頼できる、きっと美味しいものがあるだろう、という気にさせてくれます。

昼から1,000円位でこんなに美味しいお刺身が食べられると、贅沢な気分になります。

お店は庶民的ながら高級住宅地にあるというギャップ。でも、美味しい魚料理を気軽に食べられるお店は貴重!

お店の雰囲気は、家族経営なので親しみやすく、活気にあふれています。お店の奥では、お店の人たちが世間話をする様子も聞こえてきて、昔の定食屋の雰囲気が残っています。

お店の方は皆気さくですが、特におかみさんはとてもお話し上手で元気で明るい方でした!

有名店なのですが、一見さんでも一人でも気軽に入れるようなオープンな雰囲気があり、美味しいものを気軽に食べたい、という時に気楽に寄れるような貴重なお店です。

何と言っても、化学調味料や添加物一切なしの、手間暇かけて作られた家庭料理!という感じの定食は、お腹にも優しいホッとする味です。

こういう料理の方が、現代ではむしろ「高級」になっているのかもしれません。

このお店は庶民的なんですが、渋谷の松濤近くという、いわば高級住宅地にある、という点で、少し異彩を放っています。

お客さんも、いわゆる近所の常連で占められているというわけではなく、サラリーマンや渋谷に遊びに来ている人など、いかにも都会人という感じの人が多いようです。

また、観光ガイドにも載っているようで、観光客の外国人のお客さんも多いそうです。

お店にはちゃんと英語のメニューもあり、お刺身の食べ方など外国人観光客への対応も手馴れている様子です。

また、美味しい魚料理が食べたくなった時は来たい、と思うようなお店でした!

【魚力】

東京都渋谷区神山町40-4
(神山町交差点そば)

月~土曜日営業
定休日:日曜・祭日

<昼の部>11:00~14:00
<夜の部>18:00~21:00
☆土曜夜の部は17:30~21:00

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)