タカノフルーツパーラー「パフェリオ」はフルーツ専門店によるパフェ専門店!少し贅沢なデザートが食べたい時にオススメです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タカノフルーツパーラーの「パフェリオ」は、ちょっと贅沢なデザートが食べたい時に気軽に立ち寄れる、カウンター式のパフェ専門店です。

どんなパフェが食べられるのか、実際に行ってきましたので、レビューしてみます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

タカノフルーツパーラーのパフェ専門店「パフェリオ」とは?

パフェ専門店「パフェリオ」は、タカノフルーツパーラー新宿本店の地下2階にあります。地下鉄通路からつながっているので、地下から行くこともできます。

パフェリオはタカノフルーツパーラーの店内の一角にあり、カウンター形式のパフェ店になっています。

カウンター式の店なので、気軽に立ち寄って、本格的なパフェを食べることができるのが売りとなっています。

フルーツバーなどタカノの他の高級フルーツの店だと、予約が必要だったり、価格もそれなりにするので、気軽にというわけには行きませんが、パフェリオは店の前を通った時に立ち寄れる気軽さがあります。

そのようなコンセプトのせいか、新宿に来たついでに立ち寄って行くようなお客さんでいつも一杯です。

カウンター席は10席ほどで、大体いつも満席で、行列ができています。

でも、回転が早く、大体一人あたり20分ほどで出て行くので、待っていてもそれほど待たされるという感じはありません。

パフェの量も少なめで、食べたらさっと出て行くという感じで、牛丼屋のような回転の速さです(笑)。

お客さんはやはり大半が女性ですが、男性も時々いますし、年配のお客さんも多いです。

価格は、高級フルーツ店のパフェということで、やはりそれなりにしますが、1,000円ほどのメニューもあるので、プチ贅沢としては良いかな?という感じです。

大体1,000~1200円ほどのメニューが多いですが、メロンなど1,600円くらいするメニューもあります。

パフェって嗜好品のせいか、値段が高めですよね。ケーキもそうですが。

明らかに前より値段が上がっている気がします。気軽に食べられないのが残念・・(><)。

さて、パフェリオでは、フルーツパフェやベリーパフェのような定番パフェが4種類あります。

その他に、季節限定や日にち限定、時間限定など、様々なパフェのメニューが毎月出されています。

それを見ると、また行きたくなってしまうんですよね〜(><)。

1月メニュー:とちおとめ苺とショコラのHOTパフェ

では、早速パフェについてレビューします!

1月メニューの「とちおとめ苺とショコラのHOTパフェ」は、いちごとショコラのパフェに、温かいチョコレートソースをかけるタイプのホットパフェで、税込1,188円(税抜1,100円)でした。

このメニューは、夕方以降はリキュール付きになるそうで、パフェリオではこのような「夜パフェ」というリキュール付きのメニューをよく見ます。

今回は、夜ではなかったので、リキュール抜きのチョコレートソースでした。

写真だと大きさは分かりにくいですが、ここのパフェは全体的にどれも小さめです。価格が(パフェとしては)低めに設定されている通り、中身も少なめです(笑)。

たくさんパフェを食べたい!という時には向いていませんし、物足りないでしょう(笑)。あくまで小腹が空いた時に食べる感じのスイーツです。

量も少なめですが、全体的な味もさっぱりしています。

甘さが控えめで、ソフトクリームの脂肪分も少なめのように感じます。甘さはあくまでフルーツの甘さが主体で、ソフトクリームやソースは脇役のようです。

フルーツ専門店のパフェなので当然なのですが、やはりフルーツ主体のパフェだと思いました。

このホットパフェ、アイデアはとても良いのですが、温かいソースをかけると、パフェの中のソフトクリームが溶けてしまい、水っぽくなってしまいました。

元々パフェ自体、ソフトクリームの下の方が食べているうちに溶けてしまうのですが、それに温かいソースをかけるので、完全にドロドロのソフトクリーム状態。

こういうメニューなのかもしれませんが、個人的には失敗した・・と思いました。

こういうメニューの場合は、もっと固いアイスでも良いような気がしました。

溶けたソフトクリームの中にフルーツが浮いている感じになってしまったので、パフェを食べている気がしなかったです。

パフェは、普通の冷たいパフェの方が良いな・・と思った次第です。フルーツは美味しかったのですけどね。

3月メニュー:愛媛県産せとかのパフェ

そこで、前回の反省を踏まえ(?)、今回はホットパフェではなく普通のパフェにしました。

3月メニューの「愛媛県産せとかのパフェ」は、その名の通り、愛媛県の「せとか」を使ったパフェで、税込1,188円(税抜1,100円)でした。

こちらは当たり😊でした!

「せとか」という品種は知らなかったのですが、甘みと酸味がほどよくマッチしていて、パフェにすると美味しさが引き立ちます。

雫のようなゼリーをトッピングしているのが、清涼感を引き立て、爽やかさを感じさせます。

みかんのシャーベットも加わって、全体的に爽やかでスッキリした味わいでした。

今回はソフトクリームも溶けず(下の方は溶けていましたが)、いい感じで最後まで食べることができました。

やはり主役の「せとか」がとても美味しく、「せとか」を十分に味わうことができるパフェだったと思います。

最後に。上品なフルーツ主体のパフェを気軽に食べたい時はオススメです!

パフェリオのパフェは、フルーツ主体の、フルーツの美味しさを味わうことができるパフェだと思いました。

フルーツを引き立てるソースやソフトクリームは、甘さ控えめでさっぱりしていて、フルーツの美味しさを邪魔しない脇役のような感じです。

パフェというと、カロリーが気になりますが、パフェリオのパフェは、パフェ自体が小さめで、甘さも控えめなので、お年寄りでも違和感なく食べられそうです。

実際、年配のお客さんもよく見かけます。

一方、量が少ないので、ボリュームを求める場合は他のパフェ店の方がいいかも?

上品なフルーツパフェを気軽に食べたいという時や、プチ贅沢をしたい時にはオススメです!

【パフェリオ本店】

新宿高野本店B2F
東京都新宿区新宿3-26-11 B2F

営業時間 10:00AM〜8:30PM
※日曜日 10:00AM〜8:00PM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)