香川といえば讃岐うどん!高松の「さか枝」と「上原屋本店」に行ってきました。松山の鍋焼きうどん屋「ことり」もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川県といえば讃岐うどん!香川に行ったらうどんを食べないではいられません!香川県高松市に行った際に、市内の何軒かのうどん屋に行くことができましたので、レビューします!

今回訪問したのは高松市内の「さか枝」、「上原屋本店」、「しんぺいうどん」です。

また、愛媛県松山市にも有名な鍋焼きうどん屋さん「ことり」があり、そちらにも行くことができましたので、こちらもご紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

高松市内の県庁近く、早朝から営業している人気セルフ店の「さか枝」

まず、高松市の「さか枝(さかえだ)」をご紹介します。「さか枝」は香川県庁の近くにあり、大通りを一本中に入ったこじんまりした通りにあります。看板が立っているので、それを目印にすると見つけやすいと思います。

このお店はセルフ形式のうどん屋で、早朝5:30から営業しており、多くの観光客や地元の人で賑わっています。

セルフ形式のうどん屋というのは、うどん屋チェーンなどでもよく見るので珍しくはありませんが、チェーン店ではない讃岐うどんの本場のセルフ式は、最初はちょっと戸惑いました。

筆者はかけうどん(小)を頼みました。180円と安くて嬉しい値段です。うどん玉の入った丼を受け取り、自分でうどんをザルの中に入れて、目の前にあるお湯の中で麺を温めた後、薬味などを入れ、だしはタンクから注いで出来上がりです。

やり方を少々戸惑っても、お店の人は観光客に慣れているので、親切に教えてくれます。

だしが入っているタンクです。蛇口からだしを注ぎます。

うどんはコシがあってとても美味しい!だしもあっさりしているのによく効いていて、いくらでも食べ続けられる飽きのこない味でした。シンプルに薬味だけでも美味しく食べられます。

この値段でこの美味しさなら、近くに住んでいたらしょっちゅう来てしまいそうですね。うどんを中にして、天ぷらなどトッピングをつけても300円くらいですからね。ものすごいコスパの良さです。

お店はひっきりなしにお客が訪れ、サッと食べてはすぐ出ていくという感じで、回転が早かったです。うどん屋は大体そうだと思いますが。

好みを問わないシンプルで美味しいうどんが安く食べられる「さか枝」はとても気に入りました。さすがにうどんの本場で人気店だけあります。

高松市栗林公園近くの上品なだしが美味しい『上原屋本店」

次は、高松市の栗林公園に近い「上原屋本店」です。店内は「さか枝」より落ち着いた感じです。昼時に当たったので、近くのサラリーマンがたくさん来ていました。

筆者はかけうどん(小、250円)を頼みました。こちらもうどんはコシがあってもっちりしていて、だしは上品で飽きのこない味。何度でも食べられるさっぱりした味でした。

「さか枝」も「上原屋本店」でもベーシックなかけうどんを食べましたが、どちらも甲乙つけ難い、何度でも食べたくなるうどんでした。

さすがに香川はうどん県だけあってうどんのレベルがとても高いし、値段が安くても美味しいので、これでは香川にいたらうどんばかり食べてしまっても仕方ないかも、と思いました。また、香川ではうどんが日常の中に深く溶け込んでいて、生活の一部のようになっている様子も垣間見ることができました。

夜に営業している高松市内の「しんぺいうどん」

大抵のうどん屋は昼過ぎまでの営業で、夜やっているうどん屋は少ないのですが、宿の近くにあった「しんぺいうどん」は夜も営業しているので訪問してみました。

場所はことでん瓦町駅近くの商店街にあります。ここは夜も営業しているお店なので、普通の飲食店のように落ち着いて食事ができました。

ここでは少し変わったうどんが食べてみたいと思い、グリーンカレーうどんを頼みました。値段は確か750円でした。とてもスパイシーで、全身が熱くなる辛さです、辛いものが好きな人にはたまらないでしょう。

お隣愛媛県の松山にもうどん!有名な鍋焼きうどん屋「ことり」

香川県のお隣の愛媛県松山市には、鍋焼きうどんで有名なお店「ことり」と「アサヒ」があります。

場所は松山市の市電大街道駅で降り、大街道の商店街を抜け、さらに銀天街の商店街に入ってすぐ右側の路地にあります。「ことり」と「アサヒ」の両店は、路地を1本隔てた場所にあります。下は銀天街の入り口。

こちらは「ことり」です。昭和的なレトロな雰囲気です。

店内はあまり席数はなく、昼時は混み合っています。でも、食べたらすぐ出る人が多いので、回転は早い感じです。うどんのメニューは「鍋焼きうどん」(550円)のみなので(他にはいなり寿司)、基本的にそれを注文することになります。

アルミ鍋に入った鍋焼きうどんが運ばれてきました!鍋は熱いので、気をつけて食べます。だしはあっさりしていて薄味で、飽きのこない味です。

うどんはコシがあるタイプのうどんではなくて、結構柔らかい麺でした。コシのある讃岐うどんに慣れていると、拍子抜け?するかもしれません。噛む力がなくても食べられそうなくらいの柔らかさです。

量は思ったより多くなく、ちょうど良い感じでした。でも、ガッツリ食べたい人には少々物足りないかも?

お昼時が過ぎてお客が少なくなると、お店の人が奥で世間話を始めたりしていて、いかにも昭和的な懐かしい感じが漂っていました。ノスタルジックな雰囲気のある、ほのぼのとしたお店でした。

こちらは一本路地を跨いだ先にある「アサヒ」です。

こちらも訪問したかったのですが、「ことり」でお腹いっぱいになってしまったので残念ながら行けませんでした。

「アサヒ」も「ことり」と同じようなアルミ鍋の鍋焼きうどんを提供しています。「アサヒ」の方はだしが甘いのが特徴で、ぜひ食してみたかったのですが。

有名な甘いだしは、甘いものが貴重だった戦後に考案されたものなんだとか。行けなくて残念でした!

最後に。さすがに本場の讃岐うどんはレベルが高い!

今回、香川ではほんの数件しか行けませんでしたが、それでもうどん県としてのレベルの高さを感じました。色々な変わり種のうどんも美味しいと思いますが、ベーシックなだしのかけうどんがやはり何度でも食べたくなる美味しさでした。

また香川でうどん巡りをする機会があれば嬉しいです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)